株式会社ハマキョウレックス 飲料ケースのデパレタイズ

導入(運用)までの流れ

ケースデパレタイズの中でも重労働となる、飲料ケースのデパレタイズを自動化いたしました。

  • 1.課題

    ハンドリングが難しく、人手が集まりにくい飲料用ケースへの対応

  • 2.提案

    マスタレス対応とL字型ハンドの使用

  • 3.解決

    スタンドアローン環境での自動システムが成立。重く弱いケースでも搬送可能。

  • 4.運用

    フォークリフトでパレット投入すれば自動でデパレタイズ開始。

1.課題

ハンドリングが難しく、人手が集まりにくい飲料用ケースへの対応

飲料ケースのハンドリングは作業の負荷が大きいため、人手不足が深刻な作業の一つです。またロボットで段ボールケースを扱おうとした場合、ケース上面にミシン目が入っているため、上面だけで吸い上げることができません。

2.提案

マスタレス対応とL字型ハンドの使用

1)ケース寸法をその場で自動検知するマスターレス方式のビジョンシステム 2)上面と側面で支えるL字型ハンド をご提案致しました。

3.解決

スタンドアローン環境での自動システムが成立。重く弱いケースでも搬送可能。

外部からの情報無しでのデパレタイズ自動化が成立しました。 上面が弱いケースも、側面のパッドの支えにより、ケース上面の破れを防いています。

4.運用

フォークリフトでパレット投入すれば自動でデパレタイズ開始。

マスターレスなので、パレットを投入すれば、自動でデパレタイズ開始します。 全数デパレし、空パレットも自動排出されます。

製品に関するお問い合わせ

お気軽にフォームまたはお電話にてご相談ください。
また、導入後もお気軽にご相談ください。

詳細カタログのダウンロード

製品の仕様や詳細は、
こちらからご覧ください。